出血

妄想

先ほどの血管の異常により脳動脈瘤と言うコブが発生し、これが破裂した場合にはくも膜下出血になります。
これは日本人の死因としてもかなり大きな部分を占めている病気であり、くも膜と言う脳を包んでいる膜の中で出血が起こる事を指しています。
このくも膜下出血のほとんどが脳動脈瘤が原因となっています。脳動脈瘤は高血圧や血液ドロドロの不健康状態からなってしまう事もあり、血管の奇形が無いからと言って安心していられるような物でもありません。内科での治療により健康な体を取り戻す必要があります。

くも膜下出血になると、これまでに経験した事が無いような頭痛が襲って来る事になります。
それは突然やってくる上に、そのまま倒れて死亡してしまう人が非常に多いです。頭痛がすると言って気を失った人がいれば確実にくも膜下出血だと思って良いと言われている程です。
脳を包んでいるくも膜には神経が通っており、出血する事によってこのくも膜が刺激される事で激しい頭痛が現れるのでは無いかと言われています。

この病気の治療には再出血を防止する事と、後遺症を無くす事が最も重要と言われています。対応が悪ければ脳に致命的なダメージを受け記憶障害、植物人間、運動障害と言うような大きな障害が残ってしまう事になります。脳神経外科での治療が必要です。

Powered by WordPress | Designed by: Themes Gallery | Thanks to best wordpress themes, Download Free WordPress Theme Online and All Premium Themes