外科的

頭痛

脳神経外科では、内科とは違いCTやMRIによって精密に人を判断し、脳腫瘍等の問題が発生していないかを確認します。
脳血管障害や脳腫瘍、成長に異常が現れるこtおがある下垂体腫瘍のような問題に対処するべくできた医療機関です。

ここでは普通のメス等の手術道具だけでなく、メスで入り込めないような細かな部分に対処する為に放射線治療のサイバーナイフ等を利用する事もあります。
他にも最新治療技術を適切な人に利用して貰えるような環境が整っている事が脳神経外科の売りとなっています。
大学病院のような大きな病院でなければ存在していません。
脳神経外科の治療や診断を行う為には、大学病院のような規模の医療施設と機械、そして技術が必要となっているからです。

可能性

病院

脳神経外科で扱う病気のたねがあります。それを脳動静脈奇形と言い、かなりの人間に存在していると言われている先天的な異常です。
これは内科では扱っていない病気であり、脳神経外科での扱いになります。
人間の血管には動脈と静脈が存在していますが、まれにこの動脈と静脈が繋がっている人がいます。それは手先や足先である場合もありますが、脳の血管にある事があります。
そうなると、重大な問題に発展してしまう事もあり脳動静脈奇形と言う病名が付く事になります。
血管が繋がっていても、結局は血液ですからすぐにどうと言う事はありません。しかし、動脈の圧力が本来一切かからないはずの静脈にかかる事により、年月をかけて血管が伸び、コブになってしまう事があります。
この血管が一部ふくらんで脆くなり、コブ状態になっている事を脳動脈瘤と言います。これを放置していると破裂すれば脳内出血かくも膜下出血になります。
周囲の細胞を圧迫する事で障害が出たり、運動神経や言語中枢等体の重要な部分に悪影響が出てくる事もあります。

この治療にはカテーテル手術を利用します。方法は既に確率されております。
しかし、この問題は脳神経にかかわる事の為、発見次第すぐに手術と言う判断は安易にできません。
切除した時のダメージや何らかの後遺症が起こる可能性があるからです。特に血圧や健康状態に問題が無く、脳動静脈奇形も小さいサイズで安定している限り様子見となる事が大半です。
血管が肥大化したり、何らかの問題が発生している場合は即日手術となります。

3大死因

診察

日本の3大死因の中でも1番大きな要員となっているのが脳内出血です、くも膜の中で出血するくも膜下出血とは違い、外で出血するのがこの脳内出血です。
これは血管の奇形よりも高血圧や糖尿病、高脂血症、心臓病等との関わりが非常に深く、それらの病気を抱えている人は注意する必要があります。
脳内出血になると、出血した場所によって様々な症状が現れます。その出血の範囲が広がる事により、表に現れる症状も様々な物に変化します。短時間で多彩な症状が出る事がこの脳内出血の特徴です。
現れる症状として、最初は軽い運動麻痺やしゃべりにくさ、失語や手足のしびれから現れる事が多いです。
悪化すると平衡感覚を整える機関が麻痺し、まっすぐに歩く事ができなくなり、視神経を圧迫する事で視界が狭くなります。
更に悪化すると意識を失い、寝ているのでは無く目を覚ます事ができなくなります。そこでも放置すると最終的に心臓を動かしたり呼吸する器官に障害が現れ、そのまま死亡してしまう事になります。

この脳内出血はとにかく治療のスピードが勝負になります。手術によって出血を無くし、脳へのダメージを減らす治療が行われます。しかし、1度損傷してしまった脳の神経や機能は戻ってくる事はありません。これがきっかけで下半身や右左のどちらかに麻痺が残ってしまう人は少なくないのです。

脳の病気は高齢者のイメージがありますが、中には30代や20代でなってしまう人もおります。それ以外にももっと若い人でもかかってしまう脳の病気が下垂体腫瘍です。
下垂体腫瘍は生まれつきの障害で、知能等には問題が無い事から見つからずに成長してしまう人が多いです。
下垂体とはホルモンを調整している器官である為に、ここに腫瘍が出来て細胞を圧迫すると男性ならばEDに、女性は無月経の症状を起こします。
また、視神経のすぐソバにある事から、目が見えづらくなったり視界が欠けてしまう事もあります。
成長期の子供がこれにかかると、以上に成長してしまう巨人症になったり、鼻や唇、指先や舌がどんどん大きくなる先端肥大症を起こす事があります。
それらの症状から無呼吸症候群になったり、高血圧や糖尿病になる事もあります。
下垂体腫瘍のせいで多毛になってしまう事もあります。何も影響が無い場合は手術する必要はありませんが、成長等に影響が出ている場合には脳神経外科で施術をする必要があります。

大人になってからこの腫瘍の影響が出ると、先端肥大の症状から顔つきが変化してしまう事があります。
声も低くなり、その影響で周囲から指摘されて内科を訪ねてくるような患者さんもいます。
術後にホルモン異常を治療する場合には、薬での治療が効果的となっています。
早めに見つかれば特に大きな影響も無いままに行きていける事もありますが、ホルモンの影響を受けてしまっている場合には外見や伸びてしまった身長はどうする事もできません。
その為に、この下垂体腫瘍は早期発見が重要になります。医学が発展している日本では見つからないで放置される事はほとんどありません。
しかしアフリカ等ではわからないままに身長が伸びて生活に支障が出てから気がつく事もあります。

Powered by WordPress | Designed by: Themes Gallery | Thanks to best wordpress themes, Download Free WordPress Theme Online and All Premium Themes